M  北海道暴風雪 湧別町の自然災害でひとりきりになってしまってあなたへ

 初めに、このたびの暴風雪の自然災害で亡くなられた皆様に哀悼の意を表します。 嗚咽を伴う涙は、父の死以来だと思う。まだ、母親が逝ってから間もないというのに神様は何とも無慈悲な仕打ちするのだろう。亡くなったお父さんが気の毒で居たたまれないし、夏音ちゃんの気持ちや今後のことを思うとかわいそうで涙があふれてくる。自分が生死を彷徨ったせいか人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H電車でのできごと・・・・少しびっくり

少し時間があるので、昨日の東横線での出来事を記載します。大手企業等のオーナーとの打ち合わせが終わり電車での帰社での出来事。目の前の反対に座った女性の股間が短めのコートからハイヒールのせいかおもきり見えている。真冬にかかわらず、ガーターベルトでストッキングをつっているのがわかり所謂Tバックというよりか もろ股間に紐がある程度でオ●●コが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M 11年の生涯

11歳の子供が亡くなった。11年という短い生涯で6年間は児童福祉施設に入っていたらしい。17歳で出産離婚し子供を虐待し続けた家庭。祖母も加担していたとは虐待の連鎖が終わらない。親から虐待を受けてもそれでも親が大好きだという子供たち。僕は、恵まれた家庭で少年時代を過ごしたので、こういうことが起こることに疑問が絶えない。実のわが子を大けがす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H 冬の思い出 by20歳

今日、たまたまだが高校から20歳くらいまで付き合っていた彼女の団地のそばを車で通りすぎた。ずいぶん時は流れて昔の面影はなく整備された道路は公園や学校も整備されて車通りの多い環境になっていた。当時は、米軍の基地に囲まれていた跡地の中を通るような一本道で車の通りもほとんどない。道路自体のアクセスも悪いので当時は車の通りがほとんどなかった。僕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H 日本に来ている欧米の女性は・・・・

 今日の出来事。銀座線に乗りドア際へすると目の前の席には欧米女性が2,3人座って会話をしている。藩士からするとショッピングして食事をしてから、大学へと言ってる。何気に見やると見事なおっぱいでありながらブラをしておらず緩めのタンクトップからピーチクがはっきりと見えている。先週、日本の女性も駅のプラットホームの椅子で前かがみになっていた際に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H ビックリトイレから出てみると

今日、ある地下鉄の駅でトイレから出ると反対側の女子トイレから20歳くらいの女性が出てきたので出るのを譲ると思わずびっくり。短いスカートに背中に背負ったディバックがスカートの裾を持ち上げてパンティが全開で見えている。しかも、目の前で見えているパンティは股間部分は普通の布地で覆われていたが、ぎりぎりのところまではシースルーのパンティでお尻は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H びっくり電車での出来事!!!!!!

昨日、10時30頃ある私鉄に乗った時の出来事。うとうとしながらいつも用に眼を閉じていると電車が揺れたせいで目が覚めた。その時、目の前には20代の前半の女性が腰を掛けていた。スカートの中を覗き込んだわけではないがたまたまミニスカートのせいで股間あたりまで見えている。足も閉じようとしていないので偶然に股間のところに得体のしれない白いコードが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H 大晦日の出来事

 当時付き合っていた彼女の一人。この子は、すごくS●Xが大好きでいつもおねだりしていた。学校の帰り道、毎日団地の彼女の家に立ち寄って、誰もいないことをいいことにいつもS●Xしていた。でも、冬休みの年末になると親がいるので彼女の家ではできない。僕の家と彼女の家は離れており毎日送り迎えするのも面倒い。すると愛し合うことが大好きな彼女は欲求不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H 運命的な出会い

僕は、10代のころ運命的な出会いをした。毎日の学校帰りの電車の中で出会う女の子。最初は、気が付けばいつも近くにいるなぁくらいの感じだった。ある日のこと、いつものように彼女が隣にいる。地下鉄の電車が急ブレーキを踏んだため彼女はよろけて僕にぶつかった。反射的に大丈夫と声をかけたらその子は顔を真っ赤に染めて下をうつむいていた。たぶん、それが恋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M 母が倒れた。

母が倒れた。兄弟からは、時間が少し空いて連絡がきた。僕のところに連絡が来るのは支払いの時だけ。 父が亡くなった時も死亡診断書をはじめ葬儀費用もすべて僕が負担した。兄弟たちは、僕のことをキャッシュディスペンサーだと思っているのか。父が亡くなり、相続を僕はすべて放棄し母のために遺族年金も僕が手続きをしたが管理は同居している兄に任せたが、失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S 桜の花弁が風に舞う。

 高校生の時、外国やってきた彼女に一面桜が咲く場所に彼女を連れて行きたくて次の土曜日に見に行こうと約束した。土曜まで満開でいる予定だったが現地につくともうすでに散り始めていた。その日は、時折風が吹き抜け桜の花びらのトンネルを歩くような錯覚がするほど桜の花びらに包まれた。散った桜もジュータンみたいで彼女は大変喜んでいた。いつのまに、あたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M 政治家は国益を考えて行動する前に国民を保護しなければならない。

古くは日本への原爆から始まり、ビキニ環礁の原爆実験からチェルノブイリの原発事故へそして日本の福島原発の問題等当事者の国々は事実を抹殺してきた。ビキニ環礁は60年たっても魚1匹住んでいない異常な状態であり、シーベルトは日本と同じ値でありながら帰島は許されていない。汚染された国土で内部被ばくを防止するためだと言うが、日本はいったいどうなのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M  安室奈美恵の詩が聞こえる・・・CAN YOU CELEBRATE?

ずっとずっと探していた。出会っては、別れがそんな日々が続く。運命の出会いは、映画みたいな出会い。いつも電車に乗ると君がいつもそこにいた。君が僕のことを毎日目で追いかけていることになかなか気が付かずにいた。そんなある日、いつものように傍に彼女が立っている。今日は、こんでいるせいか彼女が僕の横にたたずんでおり、電車が揺れた瞬間彼女と僕がふれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M 人生は出会いがあり別れが訪れる。

いつも一緒にいたかったとつぶやいていた君。そんな君がスーツケース片手に僕から離れていった。悲しみの影を背中に秘めて・・・。見送りにいった空港に今飛び去ろうとする飛行機。ずっと愛してたその一言が言えずにあなたを悲しませた。いつの間にか降り出した雨も雪に変わり、僕たちの記憶を消すために地面一面真っ白な粉雪につつまれて、すべたが白く思い出も真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メデアについて思うこと

年末の特番で、まだ傷が癒えない時に東日本大震災の特番が各局流れていた。今年の重大ニュースであることは誰でも理解していることであり、現状を伝えたいことも理解しているつもりだが、人は唐突な死を簡単に受けいられるほど強くはない。現状を受け入れることは必要だと思うが、自然な流れで静かに時が過ぎ気持ちに整理ができたときがよいのではないか。私には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒業前の彼女との写真

先日、3階にある納戸で探し物をしていた際、10代のアルバムが出てきた。懐かしくページをめくると中学時代や高校時代の写真に高校の卒業前に写した彼女の写真が結構残っており、遠い記憶が甦る。初恋は、小学生で好きだよと言う言葉が出ないでいた。中学に入り、恋をする前に大人になり生活も乱れいった。父に対してあまり反発することがなかったのは、結構自由…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

H こたつの中で

寒い冬が訪れた。雪国の年の瀬は、都会と違い趣がある。遠い昔、当時付き合っていた彼女の母親の実家へ家族全員となぜか僕も一緒に車で帰省した。山形は遠く、栗子峠?はカーブが多くなれない雪道に神経を使い彼女の母親の実家についたころは朝方でそのままこたつで寝ていると彼女が僕の隣に入ってきた。彼女はこたつに入るなり寝ているのに、無造作に僕のお●●●…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M さだましの詩が聞こえる・・・・償い

何気なく見ていたテレビで突然ある事件について、コメンテータが、平成14年(西暦2002年)2月19日、東京地裁の山室 恵裁判長が、交通事故の加害者被告人のとある人間に、判決の付言で、 「唐突だが、君たちは、さだまさしの「償い」という唄を聴いたことがあるだろうか。この唄の、せめて歌詞だけでも読めば、なぜ君たちの反省の弁が、人の心を打たな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H 甲斐バンドの歌が聞こえる・・・安奈

この歌は聞くたび彼女が思い出される。18のとき、いつも彼女と自転車で二人乗りで共稼ぎの彼女に団地に毎日上り込み、毎日愛し合う日々。いつも必ずセックスしていた。前から後ろから、学校では非常にまじめな美人の彼女が僕のお●●をしゃぶり、69の体型のオーラルプレイ。彼女はたまらなくなり、僕をほしがる。僕は、じらしながらじらし続ける。彼女が限界に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M 明日はクリスマスイブ!忘れられない想い出。

明日は、クリスマスイブ。僕にとって忘れられないイブの夜は18歳の想い出。何もかも新鮮で、純粋に好きだと思った彼女と初めて迎えるイブの夜。僕は、彼女にとって忘れられないイブをと思い、当時30歳くらいの車の営業マンにサプライズ企画はないかと尋ねた。高校生が考えるロマンチックな企画は子供ぽくてたぶん時が過ぎると記憶に残らないもので、思いっきり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more